HOME > 保険のことを知ろう

保険のことを知ろう

保険の種類や特徴についてご説明

各種保険のご説明

様々な保険の種類をご紹介します。
各種保険に関する新規のご加入や、既にご加入されている保険の見直しなど、お気軽にご相談ください。

医療保険

主に病気やけがで入院したり、所定の手術を受けたときに給付金を受け取れる保険です。
保障される期間に応じて「定期型」と「終身型」の2種類があります。

定期型

一定期間保障されるタイプです。同じ保障の場合、終身型に比べ保険料は抑えられていますが、保険期間が満了して更新する際には更新時の保険料は、その時点の年齢から算出されるため更新の度に保険料は上がるのが一般的です。

終身型

保障が一生涯続きます。
保険料を払い込む期間は、保険料を一生涯払い込む「終身型」と、一定期間内で保険料を払い込んでしまう「払済型」とありますが、どちらも加入時の保険料から変わりません。

また死亡保障の終身保険とは違い、解約返戻金をなくし、保険料を抑えている商品も多く発売されています。

女性向け医療保険

医療保険の一種で、子宮や卵巣に関わる病気など、女性特有の病気の保障が手厚くなっている保険です。

引受基準緩和型医療保険・無選択型医療保険

持病や既往症があったり、現在病気で通院や服薬をしていた場合、通常の生命保険や医療保険への加入が難しいケースがあります。
そのような方向けに「告知(健康状態などについての質問)の項目を限定したタイプ
(引受基準緩和型)」や「告知や診査がないタイプ(無選択型)」の生命保険や医療保険があります。

一般の保険に比べ保険料が割高で、保障内容も限定的になっていますので、健康状態に自信のない方は
①一般の保険 ②引受基準緩和型保険 ③無選択型保険
の順で検討するとよいでしょう。
また引受基準は保険会社によって異なりますので、まずは「保険デザイン」までお気軽にお問い合わせください。

がん保険

がんにかかった場合に保障される保険です。
がんも病気の一つなので通常の医療保険でも他の病気と同様に保障されますが、治療期間や治療方法が医療保険の保障範囲ではカバーしきれないことが多いため、がんを心配する人は医療保険と併せてがん保険も検討してください。

保障は、診断時などに一時金が受け取れるタイプ、治療内容にあわせて定額の給付金が受け取れるタイプ、治療にかかった実費を保障するタイプなど様々ありますので、内容をよく確認して、 ご自身のがん治療に対する考え方にあった保険を選びましょう。

特定疾病保障保険

三大疾病と呼ばれるがん・急性心筋梗塞・脳卒中により保険会社が定める状態になったとき、生前に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れます。特定疾病保険金を受け取った時点で契約は消滅します。
特定疾病保険金を受け取ることなく死亡したときは、死亡保険金が受け取れます。

三大疾病にかかると入院が長期化したり、再入院を繰り返したりする恐れもあるため、この治療費や治療期間中の収入減を保険金でカバーしたい人が検討する保険です。

介護保険

病気やけが、認知症などによって介護が必要な状態が一定の期間継続したときに、保険金が支払われる保険です。
保険会社が定める要介護状態が一定の期間継続したときに保障されるタイプと、公的介護保険の要介護認定に連動して保障されるタイプがあります。

給付についても、一時金で受け取るタイプと年金で受け取るタイプがありますので、内容をよく確認した上で、介護状態になった時の生活をイメージしながら、それに合った保障を選んでください。

学資保険

子どもの教育費の確保を目的とした保険です。
子どもの年齢が15歳の時や18歳の時など、満期保険金を受け取りたい時期を設定して保険料を払い込みます。
保険期間中に契約者(親など)が死亡した場合、その後の保険料の払い込みが免除されます。

進学に合わせて祝金が給付されたり、契約者死亡時には養育年金が支給されたり、子どもの医療保障が付加されるなど様々なタイプがありますので、子どもの教育費確保の計画と、確保に向けての家族の心配事 などをイメージしてご家庭にあったタイプを選びましょう。

個人年金保険

契約時に定めた年齢から年金を受け取るために、保険料を払い込む保険です。
年金の受取開始前に死亡すると、それまでに払い込んだ保険料に相当する額が死亡給付金として受け取れます。

年金を受け取る期間は、一生涯受け取れるタイプや、一定期間受け取れるタイプなど様々なタイプがありますので、定年退職後など、この保険で将来の生活費をカバーする期間や金額を考えながら、ご自身に合ったタイプを選んでください。

自動車保険

自動車保険は大きく分けて「強制保険」と「任意保険」の2種類に分かれます。
「強制保険」は文字通り自動車を使用する際に契約が義務付けられており、いわゆる「自賠責保険」(自動車賠償責任損害保険)がこれにあたります。
自動車の運行によって他人を負傷させたり、死亡させたりしたことによる損害賠償責任を一定の範囲内で補償する保険です。

世間一般に「自動車保険」と言われている保険は「任意保険」で、文字通り契約は任意となっています。
自賠責保険の補償範囲に対する上乗せ、そして自賠責保険では補償の対象とならない物損事故、ご自身やご自身の車、および搭乗者に対する補償などをカバーするための保険です。

火災保険・地震保険

火災保険は、一戸建てやマンション、ビルなどの「建物」や建物の中にある家具や什器などの「家財・動産」を補償の対象にした保険です。文字通り火災により損害をうけた場合に補償されますが、落雷、破裂・爆発、風災、雪災、雹災、水災、盗難など、幅広く補償されるプランもあります。

ただし、火災保険では建物や家財が、地震・噴火またはこれらによる津波によって損害があったときには補償されません。
つまり、火災の原因が地震の場合は火災保険では補償されません。
地震保険でそれらのリスクに備えることが出来ます。
一般的に火災保険にセットで加入するケースが多いです。

傷害保険

日常生活における急激かつ偶然な外来の事故によるケガ(傷害)を補償する保険です。
病気については補償されません。
生命保険や医療保険では、年齢や病歴などによって保険料が変わるのに対して傷害保険では、被保険者の職業によって保険料が変わります。

普通傷害保険の他に、交通事故によるケガのみの補償をする「交通傷害保険」、旅行中のケガ(賠償責任や手荷物の盗難などの補償がセットになっているものが一般的です)を補償する「国内旅行保険」 「海外旅行保険」、行事(レクリエーション)参加中のケガを補償する「レクリエーション保険」など、様々な種類があります。

ペット保険

国民皆保険制度の日本では、人間が病院で治療を受けた際の医療費は一部自己負担となっていますが、ペットがけがや病気になった際は、全額自己負担となるため高額になるケースもあります。
ペット保険はペットの医療費を補償する保険です。

病院で医療費を全額自己負担した後、必要書類を提出することで契約内容に応じた保険金を受け取るという流れですが、保険会社によっては、提携病院で治療を受けた場合にはその場で即時ペット保険が適用され、会計時に適用後の自己負担額を払うだけですむという保険も販売されています。

保険の基礎知識